Quatre*Quarts

日々4分の4であること

ミルミルとヤクルト

こんにちは。Q-Qです。

 

ここのところおなかの調子が良くないので、腸内環境を整えようとヤクルト&ミルミルを摂取しております。

www.yakult.co.jp

 

www.yakult.co.jp

 

大腸で働くミルミル、小腸で働くヤクルトのW摂取は腸内フローラを整えるには最適だそうで。
その話を聞いた日の夕方から早速飲み始めております。

 

さて効果ですが…あるようなないような??

 

排出はできているので効果はあるのでしょうけれど、快調!ということではなく。
するすると出るので効いている…のでしょうか。。。

 

飲む時間が今は20時過ぎなのですが、これは朝のほうがよい??
朝方にずらしてみるかなぁ?

 

職場の人から聞いた話ですが、ヤクルトって工場出荷時の菌数は800億くらいあるらしいです。

で、日々減っていって、賞味期限の日で200億になるとか。
→期限過ぎたらただの砂糖水まっしぐらっていう話^^;;;

レディさんから購入するなら工場から届いたばかりのものを持ってきてもらうようリクエストしたらいいそうです。
スーパー購入ならなるべく賞味期限の長いものを。

 

そして宅配専用商品の「ヤクルト400」は普通のヤクルト2本飲めば同じ菌数摂取できます、って^^;

(200億+200億で400億ってこと)

あ、そういうこと?!って感じ。

 

その人は仲良くなったレディさんから聞いたそうなので、割と信憑性高いかな、と思ってます。
果汁50%ジュース2杯で100%ジュース!みたいなノリですが、1本に200億は入っているんですから2本飲めば確かに400億ですわね。

そのほうがお値段もお安いし入手もしやすいのでおすすめですって。

 

ということで、スーパーで10本358円売りされているヤクルトを買って毎日2本飲んでます。
ただ甘いのでカロリーハーフにしようかなぁ。

お値段は同じ(358円)だし。

 

っていうか、私の腸内環境は現在どうなっているんでしょう??^^;;;
結構なお金かかっているので、よくなってないと困るのですが。。。

長岡花火大会へ(2)8/2 花火!!

こんにちは。Q-Qです

 

長岡花火見物1日目。

予約していた駐車場付近に到達するものの、立体駐車場と平置きでは入り口が違ったため再チャレンジ。
ぐるっと回ってから予約していた「ニューラッキー古正寺店」の立体駐車場へ無事に駐車。

こちらは正直駐車スペースはかなり狭いです。
都心の駐車場並み。
ただ次から次へと入ってくるわけではないため、心を落ち着けてゆっくり駐車すれば大丈夫。

あと直射が当たらないのは戻ってきたときに本当に良かったです。
(全く暑くなってなかった!)

駐車したニューラッキー古正寺店から花火会場の川岸までおよそ1.6Km。
歩いて20分ほどです。
くっそいい天気で日差しもきつい中、カメラバックや三脚などを運ぶのにキャリーがなかったらもうぶっ倒れていたかも。。

日傘、帽子は絶対必要。

 

人波に乗って会場に到着。
ところが無料観覧席はどこもいっぱい。
アプリによると余裕のあるところもあったのですが、実際に行ってみるとシートを広げられるような場所はまずなかったです。

この時点でだいたい17時前。
f:id:quartre-quarts:20190812135412j:image

有料観覧席のほうはまだガラガラ。

大手大橋向かって左側(下流側)から右側(上流側)へと場所を探しつつ移動。
でも本当にない。。。と諦めそうになったところで、土手最上部、立ち入り禁止テープのギリギリラインのところに何とか確保。

前はブルーシートを5枚使って広々と場所取りがされていて、いったい何人来るんだろう…と恐々。
でもここなら何とか撮影もできるし花火も見えるよね?というところに腰を落ち着けました。


f:id:quartre-quarts:20190812135409j:image
雲一つない晴天。
夕闇が迫るにつれ有料観覧席も人が入り始めました。
無料観覧席はもう入る隙間はありません。

 

花火開始30分ほど前になって、ようやく前のグループが揃ったようでした。
…が、え、その人数?(30人くらい)だったので、前のスペースはがら空き。
ちょっと顰蹙ものなレベルで場所取りがされていたことにびっくりしましたが、これ以上人が増えないのでよかったら使ってくださいと言われ、私たちを含めた最後列の10人ほどがありがたく使わせていただきました。
(隣の女の子のグループなどはあおむけに寝そべって鑑賞^^;)

 

肝心の花火は真正面から打ちあがるとiPhoneのフレームに入りきらない!
これは正面対岸からの打ち上げ。

f:id:quartre-quarts:20190812135415j:image
f:id:quartre-quarts:20190812135424j:image

一切ズームはしていなくてこれですよ!!
f:id:quartre-quarts:20190812135429j:image

音も大迫力、花火は自分のほうに降ってきそうな感じ。

フェニックスは一体どこを見たらいいの!?という迫力で撮り切れません。
魚眼レンズで家族が撮ったのがこちら。

f:id:quartre-quarts:20190812135432j:image

(ブルーフェニックスがちゃんと写っていてよかったねぇ。)
f:id:quartre-quarts:20190812135438j:image

上を見ると下の花火が見えなくて、正面を見ていると横の花火が見えない!という、めったにない経験をしました。

長岡まつり花火大会が大人気なのもよくわかります。
これは一見の価値あり!

 

定刻通りに花火が終わり、即撤収。
土手最上部なので下の人が上がってくる前にと思いつつも、カメラをしまったり荷物を片付けたり、そもそも出入り口に移動するのにも順番なのでちょっと足止め。

会場を出たら大手大橋の方へは戻らずすぐそばの階段から住宅街へ下り、住宅街を人波に飲まれつつ移動。

途中どこかでトイレを、と思いましたがスーパーなどのお店のお手洗いは行列。

飲み物も買わず、とりあえず移動することに。
25分ほど歩きましたが、さほど迷わず駐車場につき、車に乗りこみすぐに出発。

と、立体駐車場から出るのに15分以上かかり。。
下で係員のお兄さんが誘導してくれていたので確実に出ることはできましたが、その先の交差点で渋滞してるから仕方ない。。。

 

カーナビをセットしたものの、Googleマップの案内を参考にサクッと右折。
ポイントごとに渋滞しているもののかなり回避できた感じで、予想よりも早めにつくかなー、というところでファミマを発見。

ここでトイレをお借りし、何か軽く食べようと駐車場に入れました。

お手洗いを借り、小さめのお弁当と飲み物を買ってイートインスペースで食事。
人心地着いたわーというところで、ちょっと離れたところで具合の悪そうなご婦人が。
日帰りバスツアーで花火見物に来たものの、軽い熱中症になってしまったようで。。
受け答えははっきりされているので大丈夫そう?とはた目には思ったのですが、ご年配だからか救急車を呼んで搬送してもらうとのこと。
こちらも先を急ぐため先に出ましたが、ツアーバスは先に帰るだろうからこの方々は処置後どうされるのかしら??と。

添乗員さんが「これからバスで5時間ほどかかりますが…」と言っていたので東京から?
どうやって帰るの(???)

トイレに行きたくなるのが嫌で水分を控えた、と言っていましたが、体調崩したら元も子もないです。
確かに仮設トイレも行列だし、控えたくなるのもわかりますが飲んだところでかなり汗で出ますから意外と平気なんですけどね。。

 

途中ところどころで渋滞にはまりつつも、走ること50分ほどで弥彦温泉のお宿に到着しました。

長岡花火大会へ(1)8/2 現地到着まで

こんにちは。Q-Qです

 

毎年8月2日、3日に開催される「長岡花火大会」。

nagaokamatsuri.com

 

大曲、土浦、長岡と日本3大花火の一つの長岡花火、来場者数も多いしそもそも遠いので今まで行こうと思ったことはなかったのですが、花火の撮影に行くという家族について行ってみることに。

 

とはいえ行くことを決めたのがちょうど1週間前。
有料観覧席などはとうに売り切れ、無料席での観覧、それもどこで見るのか全く未定。(というかどこで見たらいいのか私はわからない)
2日間とも撮影するということで、それじゃ泊りじゃない!と探してみたものの長岡市内の宿泊施設はシティホテルから民宿までほぼSOLD OUT。

燕三条で辛うじてビジネスホテルがある?という感じでしたが、それも悩んでいるうちにどんどんなくなっていき。

 

仕方なく車で小1時間離れた弥彦温泉の宿を押さえることに。

楽天トラベルで1泊2食付きの温泉宿を¥36,720-(他に入湯税¥150/一人)。
後日調べたら通常¥7,000~くらいのお宿…ううむ、倍ですね。。
でも他に選択肢はないので予約。

他に撮影機材で魚眼レンズと望遠レンズなどを借りに行き(結構重い…)当日になりました。

 

10時にレンタカーをピックアップする予定が、家族の寝坊でどんどん遅れ、11時半に。レジャーシート、虫よけスプレー、液体ムヒを購入し、カメラ機材を載せて車に乗り込み出発。

 

まっすぐ関越練馬ICに向かい、そのまま突っ走る!

とはいえ途中休憩しながらです。

ランチは寄居PAでざるそばとf:id:quartre-quarts:20190812133254j:image

深谷ネギラーメン(醤油)

f:id:quartre-quarts:20190812133307j:image

三好PA、高坂SAと大型バス、トラックで混んでいたので寄居PAまで行きました。
麺物の軽食ならPAのほうが早くて安くて美味しいです。


この日は意外と交通量があって(まあ夏休み期間ですしね)、SAは観光バスがたくさん。
トイレ休憩をするならSAが好きなので(設備的に)越後川口SAを利用しましたが、仮設トイレも設置されお盆期間前哨戦という感じ。

おやつに冷凍ワッフルを。

f:id:quartre-quarts:20190812134729j:image
少し解凍してからということですが、外気温35度以上!
食べごろを通り越してドロドロになりそうな勢いなので、車に戻ったら早々にいただきました。
f:id:quartre-quarts:20190812134723j:image
丸型のフカフカワッフルを二つ折りにしたサイズ。
女性の手のひらくらいの大きさはあるので、食べ応えありました。
f:id:quartre-quarts:20190812134717j:image
苺ミルククリームなので、うっすら苺っぽいピンクの粒が。
でも想像以上に苺ミルクだったし、チーズクリームはチーズ感強かったです。


時間的に長岡花火の日帰り?ツアーっぽい観光バスがたくさん入ってきて駐車場は満車に。

うまい具合にバスの到着とずらすことができ、トイレも並ばず買い物もすぐ済ませることができてサクッと本線に戻りました。
→SAの駐車場が満車になり、SAに入る渋滞が発生してました(驚)

 

練馬から4時間弱で長岡へ。
カーナビとGoogleマップ併用で市内の駐車場へと進みました。

今回駐車場も確保せねばと先にこちらから予約。

parking.nokisaki.com

日々刻々と良さそうなところから満車になっていき、最終的にはかなり高め、かつ、会場から離れたパチンコ屋さんの駐車場を予約する羽目に。。

ただ値段はむむむ(¥5,000/1日)、でしたが、場所的には最適解だった気が。
会場に近ければ近いほど帰りの渋滞に巻き込まれる距離が長くなりますので、ある程度離れた駐車場のほうが結果として早く市内渋滞から離脱できたと思ってます。

 

あと長岡花火のHPもアプリもとてもよくできていて、もし来年いらっしゃるならばアプリは入れたほうが良いですよ。
特に打ち上げ花火のリアタイリストは撮影しなくても便利です。

次は駐車場~花火までです。